感情日記オンライン・マスター・クラス!(全4回:全回受講必須)

あのブラッド・ピットやシルベスター・スタローンも実践!イヴァナ・チャバックの演技術の根幹!感情日記をマスターして、あなたの演技を次のレベルへ!

感情日記の開発者イヴァナ・チャバックとは

演技関係者なら、すでに知っている方も多いと思いますが、イヴァナ・チャバックのことを簡単紹介しましょう。

アカデミー賞女優ハル・ベリーは、イヴァナのことを、”21世紀最高の演技コーチ”と呼んでいます。イヴァナは、スタニスラフスキー理論をベースに、世界中で使われている最先端演技技術であるチャバック・テクニックを産み出しました。アカデミー賞のみならず、エミー賞ゴールデン・グローブ賞トニー賞、その他多くの国際的な映画・テレビ・舞台の賞にイヴァナの指導を受けた俳優たちが名を連ねています。

30年以上に及ぶキャリアの中で、彼女が指導をした俳優を挙げると

シャーリーズ・セロン、ジェームス・フランコ、ハル・ベリー、 ブラッド・ピット、
ジェイク・ギレンホール、ジョン・ヴォイト、 シルベスター・スタローン、
エリザベス・シュー、 ジモン・ホンソー、テレンス・ハワード、キャサリン・キーナー、ジャレッド・レトジム・キャリー、ガル・ガドット、メグ・ライアン、
ジュディス・ライト、ジェシカ・アルバ、 エヴァ・メンデス、リブ・タイラー、
メアリー・J・ブライジ、デビッド・エアー、 イアン・サマーホルダー、ピンク、
エリック・ラ・サル、キャリー・アン・モス、ジェニファー・ビールス、
トラヴィス・フィメル、ビヨンセ その他多数

また、2015年以来、日本でも、イヴァナの指導を受けた俳優たちが多数活躍しています。

あなたは、人を感動させられる
演技ができていますか?

あなたが俳優なら、自分の演技で人を感動させたり、人を鼓舞したり、人に元気を与えたりしたい、と思っているのではないでしょうか?

そして、そのゴールを達成するために、俳優が持っている武器は、言葉、身体表現などもありますが、何といっても一番強力な武器は、感情ではないでしょうか。

感情を使いこなすことは俳優に与えられた特権です。俳優なら誰でも、自分の中から溢れてくるような感情を使って感動的なシーンを演じ、多くの観客やファンの心を魅了したい、と望んでいるでしょう。

あなたは感情を上手く使いこなせていますか?あなたの感情は枯渇せず、あたかも潤沢な泉から溢れ出てくるように、あなたが演じるシーンにおいて、あなたの活躍を導いてくれているでしょうか?

感情的になることは演技の目的ではない

感情を使いこなすことは、俳優にとって必須の技術ですが、誤解していただきたくないことがあります。人が感動する感動的な演技とは、ただ感情的になることではない、ということです。

あなたが、ただ泣いているだけの人を見て感動しますか?ただ悲しんでいるだけの人を見て感動しますか?ただ怒っているだけの人はどうですか?

そう、人が俳優の演技を見て感動するのは、その役柄が、今まで乗り越えられなかった大きな壁を乗り越えていく瞬間なのです。感情は、その目的をゲットするための、燃料なのです。演技においては、一つのツールです。もちろん重要なツールですが。

あなたは、俳優として、自分の感情を本当に、効果的に使いこなせているでしょうか?

感情にアクセスするのが苦手な人の問題

俳優としては致命的なことかもしれませんが、自分の感情にアクセスするのが非常に苦手な人もいます。

この感情日記クラス講師であるも、演技をする時に、深い感情になかなかアクセスできない、という感覚があり苦労していました。過去の痛みがあまりにも大きいため、潜在意識へのアクセスが大きくブロックされていたのです。

感情へアクセスすることへの苦手意識は、特に、男性に多いようです。

男性は、社会に求められる役割として、何が起きても、感情を出さずに、平気なふりをして、大丈夫!と言ってしまうことが多いのも、その原因の一つでしょう。

僕と同様、感情にアクセスするのが苦手な俳優は、感情を出すこと自体が演技の目的になってしまう傾向にあるようです。本気怒れたり泣けたりすること=良い演技と勘違いしてしまうのです。

これでは当然、人を感動させる演技にたどり着くことは非常に難しくなります。感情無理やり押し出しても、そこに真実はないからです。逆に、自然な演技とは程遠くなってしまいます。

感情日記(エモーショナル・ダイアリー)がそんなあなたの問題を解決します!

そんなあなたの悩みを解決する技術、それが「感情日記」です。

感情日記を一言で言うと、俳優感情にアクセスするための最強のツールです。

感情日記は、書籍「イヴァナ・チャバックの演技術」の中で、ステップ11過去の状況の章で説明されています。

この感情日記は、現在のチャバック・テクニックにおいては、ステップ4代替者を決める際にも必須ツールとして使わており、まさにチャバック・テクニックの根幹を成している技術と言っても過言ではありません。

感情日記が初めて紹介されたのは、イヴァナが初来日した2015年、俳優業界関係者だけでなく一般の方も含めて500人以上が集まった、出版記念セミナーの場でした。

やり方はシンプルですが、自分の感情常にアクセスする必要のある俳優が、比較的簡単に潜在意識にアクセスし、そこから本人にとって大きな意味のある感情を引き出すことができる、強力なツール、それがエモーショナル・ダイアリー感情日記です。

そのシンプルな手法をイヴァナが示し、会場にいた方々に実践してもらうと、驚きの光景が広がりました。会場のあちらこちらからすすり泣きの声が聞こえてきたのです。

イヴァナに促され、ある参加者が、感情日記を書いてみて、自分が体験したことをシェアすると、更なる衝撃が会場に走りました。

書き始めて、おそらくたった5分しか経過していないにも関わらず、その参加者は、もう何十年も想い出したこともなかった家族との間の衝撃な出来事それにまつわる感情溢れるように出てきて、抑えることができない、と語ったのです。

このような形で、感情日記は、あなたの潜在意識の中に眠っている、非常にディープで、(時にダークな)、あなたにとって、とても大切な感情に、あっという間にアクセスすることを可能にします。

そう、「感情日記」とは、潜在意識にアクセスする手段なのです。

イヴァナは、俳優に必要なのは、一般人なら触れる必要がない、潜在意識の中にある、
痛みトラウマなどにアクセスし、その情報を使い、そして、本人が抱える未解決の問題を克服して”勝つ”ところを観客に見せることだ、と言っています。

そのために潜在意識にアクセスする方法、それが「感情日記」なのです。

深いトラウマ燃料にし、未解決の問題乗り越え打ち勝つように導くのがチャバック・テクニックです。

実際に演技を通してトラウマを乗り越えた人たちには、カタルシス(精神浄化)が起こります。そして、演じることが、楽しくてしょうがなくなります

感情日記では実際に演技は行いませんが、演技で使える深い感情を実際に扱っていくので、あなたの演技即戦ツールとなることでしょう。

お申し込みはこちらから

期待できる効果

この感情日記をマスターすることで、あなたは、意識的潜在意識にアクセスし、あなたの人生における、深淵な体験とその中に埋め込まれた感情を、必要に応じて引き出して、再体験し、演技に活かすことが可能となります。

感情日記を行うことで、俳優としてのあなたは、どんな題材が与えられても、長い準備時間を費やすことなく感情疲弊することなく瞬時必要な感情にアクセスすることが可能になるでしょう。

僕のように、もともと自分の感情アクセスすることに苦手意識を持っている俳優にとって、感情日記は、これほど力強い味方はいない、と思える強力な武器となるでしょう。

また、あなたが、すでに豊かな感情の源泉アクセスできる俳優であっても、感情日記使うことで、自身が抱えている未解決な問題にアクセスし、そこに含まれる感情を解放し、更に深い層の感情にアクセスし、より深い、味のある演技ができるようになります。

お申し込みはこちらから
(リンク先で日程をご確認いただき、お申込みください)

潜在意識の落とし穴

但し、このテクニックの使い方にはコツがあります潜在意識触れたことがある方はご存知かもしれませんが、潜在意識非常に繊細なのです。このコツを外すと、どれだけ感情日記をやっても、ただ

苦しい情報だけが引き出される

自分が演じる役柄と関係のない情報しか出てこない」

いつまでたっても浅い情報しか出てこない」

「シーンの目的」にピタッと合った情報を引き出すことができない
 

といった事態に陥る可能性があります。


この感情日記オンライン・マスター・コースでは、参加者がそんな状態に陥ることがないように、2人のチャバック認定講師が、潜在意識カオスの中秩序をもたらせるよう、参加者をしっかりと導いていきます。

感情日記受講者の喜びの声!

実際に感情日記のクラスを受講された方からは、以下のようなをいただいています。

本だけでは実感がわかない人にお勧め!

イヴァナの東京ワークショップで感情日記をやってみたが、書く内容をどうしても頭で考えてしまっていた。イヴァナのを読み返しても実感が沸かない状況だった。

今回の受講では、何度も筆が止まって、ページを捲って、また止まってを繰り返す内に、ページを捲る度に頭の中がリセットされて、手放す事が出来るようになった。

受講して、改めて感情日記の重要さ理解出来ましたここを外すと目的に向かっていけなくなるので、迷われてる方はまず一度受講してみた方がいいと思います。

avatar
YTさん俳優
自分の感情を演技に活かせることに衝撃!

自分の中にたくさんの感情があるのはわかっていたが、それを演技に生かせることに衝撃を受けた。自分と役をつなげることで、今までは頭でやろうとしていたことがよくわかった。もう頭で考えなくていい、できてないと言われても、なぜ自分はできないんだろうと自分を責めたり、悩んだりしなくてもいいのだとわかった。答えは自分の中にあるそれを探せばいいんだと、目指す方向がクリアになった。

また、自分がコンプレックスに感じてきたこと、それを出すことや、指摘されること恐れてきたが、逆にそれを出せること、口に出して話していいこと、その環境が与えられたことに驚き嬉しかった

avatar
MRさん女優
12ステップ・クラスを受ける前に受講しよう!

感情日記12ステップよりも前のベースになるので、避けては通れない必須ツールであることが分かりました。

12ステップ感情日記と交互に行き来してインプットアウトプットフィードバックと繋がる感じです。

と言っても、感情日記を書いていても明後日の方向にコントロールが外れる事があるので、やり続ける事と、12ステップのテクニックも含めて常にバージョンアップされるので、今後も参加して確認と振り返り学び続けていく必要があると思いました。

本講座は、12ステップ講座より課題も少ないですし、映画を見てステップ1〜4の基本を探るので、まだイヴァナのテクニックを受けたことがない方や、これからの人
こちらの感情日記講座から入ることをお勧めしたいです。

そうすると、その後に受けられる12ステップの講座より深く理解できると思います。

また、守られた環境なので自分が間違えて重荷になることはありません

アートの世界には正解不正解は無く、10人10色なので、間違えても講師陣修正して、自分と繋がる部分一緒に探してくれます。

思いっきり失敗しても良いと思いますし、初心者も歓迎してくもらえますよ。

コロナ禍でのZOOMを使った講座であり、最初に用意するものや場所などの確保で大変だと思います。

それもイヴァナのテクニックにある「障害」の項目なので、まだ受けたことがない方は、頑張って自身が求める「目的」を取るためにに、その旅路を、そのイバラの道楽しんでもらえればと思います。

avatar
RSさん俳優
日常生活がパワフルに!

日頃の生活もより濃密にパワフルになるのが体感します!
本当に自分でも驚いています。

avatar
NKさん女優
他の受講者の皆さんと空間を共有することで、学びが倍増する!

今まで自分のやっていた感情日記が今ひとつ漠然としていて、しっかりと学んでみたいと思い、受講しました。

感情日記がパーソナル化するためのストーリーを出すものだというのが最大の気づきでした。これからは感情日記をする目的しっかり意識してトライしていくことが出来そうです。

魔法のペン勝手に動いてくれるその感覚を初めて体感出来たのも大きな収穫でした。

てつやさんサリーさん、そして受講者の皆さん同じ時間同じ空間を(たとえオンラインでも)共有するからこそ、学びが倍増するように感じます。

より感情日記深めたいと思っている方は、皆で深めあっていけるこの講座を
受講してみてはいかがでしょうか。

avatar
YWさん俳優
誰かを演じる必要がなくなった!

感情日記をやる事で、代替者への想いが顕在化し、なぜこの目的を取る必要があるのかがクリアになり、また誰かを演じているのではなく自分として必死になれる感覚を感じました。

私は父への想いが強く、それはわかってはいたのですが、それを演技へのパワーに変える方法を学び、また感情日記から、自分が父から何を望んでいるのかを知ることができました。

avatar
SRさん女優

感情日記どのレベルの俳優にとっても間違いなく役に立つ、究極の演技ツールなのです。
お申し込みはこちらから
(リンク先で日程をご確認いただき、お申込みください)

2人の認定講師があなたを深みへと導きます

感情日記オンライン・マスター・コースを指導するのは、僕、白石哲也真弓紗織の2人の認定講師です。白石はイヴァナを日本に紹介した張本人であり、2013年にイヴァナと出逢って以来、イヴァナが伝える”エンパワーメント”の概念に感銘を受け、イヴァナのテクニックを日本に伝えるために情熱注いでいます。パートナーである真弓紗織も2020年に認定講師となり、最強の2人体制イヴァナの教えの真髄をお届けします。少人数制(毎回限定8人)のクラスを2人で指導することにより、かゆいところに手が届くきめ細かい指導が可能となっています。今までのところ、女性参加者が多いのですが、トラウマ部分に向き合ってきた白石だからこそ伝えられることがあります。不安に思っている男性も、ぜひ飛び込んできてください。

白石哲也
チャバック・スタジオ認定講師書籍「イヴァナ・チャバックの演技術」の翻訳者であり、日本人初チャバック・スタジオ認定講師。イヴァナの来日ワークショップLA Bootcamp を主催。イヴァナ関連の全てのイベントでイヴァナの同時通訳を務めている。
2015年以来、イヴァナのテクニック日本人に届け続けているのと同時に、自身も常にイヴァナの教えに触れ学び続けている

真弓紗織
チャバック・スタジオ認定講師:イヴァナ初来日の2015年以来、スタッフとして来日ワークショップを支える2020年LAで行われたティーチャー・トレーニングを優秀な成績で卒業し、日本人女性初の認定講師となる。セラピストコーチとしても活躍しており、チャバック・テクニックの肝とも言える、パーソナル化の指導において、卓越したスキルを持つ。

感情日記オンライン・マスター・クラスで
学ぶ内容とは

それでは、感情日記オンライン・マスター・クラスの概要をお伝えします。

★日程:基本、偶数月木曜日の毎週10:00~13:00(全4回受講が必須です)
★募集人数:各回限定8名
★料金:25,300円(税込)

第1回:自己紹介、感情日記の概要、インフォメーショナル・エモーショナル・ダイアリー、潜在意識について、12ステップと感情日記の関係、講師によるデモ、実際に感情日記を書いてみる

第2回:課題の振り返り、シェア、課題映画の「全体の目的」と「シーンの目的」の考察、感情日記の実践

第3回:課題の振り返りとシェア、課題映画の「全体の目的」と「シーンの目的」の考察、感情日記の実践

第4回:課題の振り返りとシェア、課題映画の「全体の目的」と「シーンの目的」の考察、感情日記の実践

(講座修了後毎回、別の映画を見ていただき、課題が出ます)

★事前準備はありません。 ★当日までに、ボールペン、鉛筆、罫線のあるノート、
持っている方は書籍「イヴァナ・チャバックの演技術」を用意しておいてください。

<対象>
チャバック・テクニックをマスターしたい全ての演技関係者:俳優・演出家・脚本家その他(経験者・未経験者を問わず)

★演技関係者に特化したクラスのため、一般の方はご遠慮ください。

<講師>
白石哲也(チャバック認定講師)
真弓紗織(チャバック認定講師)

今後シーンワークを希望される方には必須

現在、感情日記の実践の場でもある、イヴァナ・チャバックの演技術を用いた演技関係者向けシーンワークオンラインで開催しています。

現在、シーンワーク参加中の皆さんは皆、感情日記を使いこなした上で、パワフルな演技を見てくれています。

今後シーンワークを希望される方で、イヴァナのワークショップに参加経験がない方、認定講師の指導を受けたことがない方は、このクラス12ステップ・オンライン・マスター・クラスの講座の受講が必須となります。シーンワークのレベルを高く保つために、この2つのクラスの受講を必須とさせていただいています。

シーンワークに参加いただければ、今後開催される予定のイヴァナの来日ワークショップLA Bootcamp実施の際にも、イヴァナの前で堂々と演技を披露することが可能となります。今後、プレイヤーとしてイヴァナから直接指導を受けたい方は、このシーンワークに参加することが最短距離になる可能性が高いです。

お申し込みはこちらから。
(リンク先で日程をご確認いただき、お申込みください)

感情日記のクラス開催は、2021年より偶数月のみ、募集は毎回限定8名です

このクラスは8名という少人数で、みっちりとあなたの潜在意識に取り組んでいきます。

また、今年から2ヶ月に1度しか開催しないため、受講を逃すと、次回受講できるのは、2ヶ月後以降となります。

今後のシーンワークの参加可能枠は限られているので、ぜひ、感情日記12ステップの2講座を早めに受講して、席を確保してください。(枠についてはお問い合わせください)

このタイミングで、あなたの潜在意識感情に真剣に取り組みたい方、イヴァナのテクニックを使いこなして現場で勝負していきたい方、このチャンスを逃さないでくださいね!

お申し込みはこちらから。
(リンク先で日程をご確認いただき、お申込みください)

Q&A

Q
オンライン開催ということですが、パソコン関係が苦手なのですが、参加できますか?
A

このクラスはZoomというシステムを使い開催します。Zoom自体は非常に簡単に使いこなせるシステムですし、最初の回にわからないことは解決しますので、安心してご参加ください。

Q
「感情日記」のクラスで、演技はするのですか?
A

いいえ。このクラスの目的はあくまでも、感情日記が書けるようになることなので、演技は行いませんが、感情日記で出てきた内容を、どう演技に活かすかに関してのアドバイスは行っていきます。

Q
携帯でも参加可能ですか?
A

はい、携帯で参加している方もいますので、安心して参加ください。

Q
このクラスでは、宿題はでますか?
A

はい。毎回、映画を見ていただき、感情日記の実践に必須の課題をやっていただきます。

Q
俳優ではなく、演出家なのですが、参加可能ですか?
A

はい。この講座は演技関係者を対象としていますので、演出家、監督の方も参加いただけます。俳優とコラボするのが演出家、監督なので、ぜひ積極的に参加いただければと思います。

Q
本当に誰でも潜在意識にアクセスできるようになるのですか?
A

もちろん個人差はありますし、どれだけ真剣に取り組むかにもよりますが、少人数制でみっちりと取り組みますので、あなたが真剣であれば、確実にアクセスできるようになるはずです。

Q
イヴァナ・チャバックの12ステップが理解できていないと参加できないのですか?
A

いいえ。この感情日記は、単体でも成り立っている講座ですので、12ステップを理解していなくても参加できます。ただ、12ステップの中で使う技術ではあるので、12ステップを学んでいただいた方が、より効果を実感していただけると思います。

Q
時間がどうしても合わないのですが、他の時間に開催はできませんか?
A

申し訳ありません。現在、座学講座を開催できる時間帯が木曜の午前中のみとなっています。

Q
リアルの場で開催予定はありませんか?
A

コロナの状況が収まれば、開催を考える予定です。

Q
このクラスと12ステップの講座を両方受講すれば、誰でもシーンワークに参加できるのですか?
A

はい。シーンワーク・クラスの空き状態にもよりますが、基本はそのとおりです。

お申し込みはこちらから
(リンク先で日程をご確認いただき、お申込みください)

追伸

イヴァナの来日ワークショップを見たことがある方はわかると思いますが、現在、イヴァナが、テクニックとして最初に俳優たちに教えるのが、この「感情日記」です。

イヴァナは前述のブラッド・ピットスタローン以外にも、ハル・ベリーシャーリーズ・セロン、ジム・キャリービヨンセといった錚々たるスターたちを指導してきました。

あなたも彼らが学んだテクニック日本語で、しかもオンラインで学ぶことができます。

世界中に広がり、文化、人種、言語を超えた普遍的な演技メソッドとして受け入れられているチャバック・テクニックをマスターするために必須な技術が感情日記です。

あなたの演技の旅路に、このテクニックを加えてみるチャンスがここにあります。枠が無くなる前に、ぜひ参加ください!

お申し込みはこちらから
(リンク先で日程をご確認いただき、お申込みください)