イヴァナ・チャバックの12のステップをどう使うのか?


イヴァナの演技術は12のステップから
成り立っています。


さて、このステップをどう使っていけばよいのか?


イヴァナの12のステップを
我流で使おうとすると、
どうしてもハマりがちな
トラップというものが存在します。

それが

「代替者」から入る、というやり方。


僕にも12ステップを学び始め
すぐに誤解した経験があります。


「あれ、このストーリーのこのシーン、
俺のこの人との関係にそっくりだ!」


代替者はこれで決まり!!!!


これは、違います!!!


明らかに、取り組むべき順番が違うのです。

スポンサーリンク

イヴァナの推奨する手順とは?


ステップ4からやると、
確実にイヴァナの演技術の
根本的な考え方からずれます。


イヴァナは、本の中で
12のステップは絶対順番通りに、
とは書いていません。

が、しかし・・・

avatar
ivana Chubbuck
12ステップがその順番になっているのは意味があります


特に大事なのは、最初の4つのステップです。


ここは、確実に、
順番通りにやっていただく必要があります。


それから、日本の現場で
もともと行われているのが、
ステップ11から入るやり方です。


つまりキャラクターの
「過去の状況」を
探るところから入るわけです。


イヴァナのやり方は
そのやり方とは
根本的に違います。


そう、

avatar
ivana Chubbuck
まず「目的」から入るのです。キャラクターの目的です。

大事なことなので繰り返します。

最初の4つのステップは、
あくまでも、自分自身の事は置いておいて、


キャラクターから入るのです!


このキャラクターの「全体の目的」は何だろう?


「シーンの目的」は?


「どんな障害があるんだろう?」


このステップを省略してはいけません。


ここをどれだけ徹底できるかが、
あなたが、イヴァナのテクニックを
使いこなせるようになるかを決定します。


繰り返しておきます。


「代替者」にいきなり
向かわないでください。


では、次回はいよいよ、

「全体の目的」の話に
入っていきます。