年の差カップルって、何歳までアリ?

皆さんが仲の良い友達に「ねえ、年の差カップルってさあ、何歳まで許されると思う?」こんな風に聞かれたとしたら、何歳違いの異性を自分の恋人にできると答えるでしょう?

あなたが女性か男性か、ひょっとすると同性同士の恋かも知れませんが、それぞれの年齢や価値観によって、年の差カップルが何歳までありか。その答えはまちまちではないかと思います。

ただ、こういう質問が世間にあるということは、そもそも年の差カップルになるような状況を誰かが抱えている、その証拠でもあると思います。

いくつになっても恋はしたい。だけど・・・

そんな悩みを持つあなたには、ウッディアレンの映画と彼本人の恋愛遍歴を通して、年の差カップルが何歳までアリ?なのかに関して考えてみて欲しいと思います。

ほんと面白いですから。

スポンサーリンク

映画「マンハッタン」に学ぶ年の差カップルの現実

1979年に全米公開された映画「マンハッタン」は、簡単に言えば「ニューヨークを舞台にした大人の恋愛物語」

ウッディアレンが脚本・監督・主演を務めています。

ウッディアレン(Woody Allen)

アメリカの映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者、またコメディアンとして認識している人もいるかも知れません

いずれにしてもアカデミー賞に史上最多の24回ノミネートされ、過去、監督賞を1度、脚本賞は3度受賞するなど、映画界に大きな貢献をしてきた人物。また恋多き男としても有名かも知れませんね

映画「マンハッタン」はそのタイトルの通り、ニューヨークのマンハッタンを舞台に、男女の恋模様を中心にストーリーは進みます。

アイザック(ウッディ・アレン)はTV業界に嫌気が指し、TVライターから小説家に転向しようとしている42歳でバツ2の中年男性。現在は17歳のトレイシー(マリエル・ヘミングウェイ)と恋愛中。

まさに25歳の年の差カップルが、この映画では重要なモチーフです。

またアイザックの親友で教師のエール(マイケル・マーフィ)も、結婚して12年になる妻エミリー(アン・バーン)との結婚生活を続けながらも、他に好きな女性編集者のメリー(ダイアン・キートン)がいることをアイザックに打ち明けることで人間模様が交錯していきます。

そして、その編集者メリーにアイザックが恋に落ち男女関係を持つことで、アイザックと17歳のトレイシーの関係も変化せざるを得ない結果に。

中年男性と17歳女性の年の差カップルの恋の行方と結末は? ぜひ、映画本編をご覧になってほしいと思います。

予告トレーラー

映画「マンハッタン」のスタッフ&キャスト

制作スタッフ

監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン
マーシャル・ブリックマン
製作チャールズ・H・ジョフィ
ジャック・ローリンズ
製作総指揮ロバート・グリーンハット
音楽ジョージ・ガーシュウィン
撮影ゴードン・ウィリス
編集 スーザン・E・モース

出演キャスト

役名俳優名
アイザックウディ・アレン
メリーダイアン・キートン
エールマイケル・マーフィー
トレーシーマリエル・ヘミングウェイ
ジルメリル・ストリープ
エミリーアン・バーン

映画なのか、それとも私生活の延長??

それにしても、ウッディアレン作品は、本当に男と女の恋物語を扱ったものが多いです。

そして、彼自身の私生活を反映したものが圧倒的に多いのも、その特徴ですし、とにかく自由奔放というか、言葉を選ばず言えば「超めちゃくちゃ」なんですよね。

アーティストたる者、見習いたいもんです^^

ウッディアレン自身は、1966年にルイーズ・ラサーと結婚して1970年に離婚。このルイーズ・ラサーとは、映画「ウディアレンのバナナ」で離婚後に恋人役で共演して普通にイチャついてます。

これだけでも十分不思議な感じですが、これはウッディアレンにしてみれば普通のこと。

その後、映画でも共演したダイアン・キートンと付き合いますが、長く続かずに破綻。ダイアンキートンもまた映画「マンハッタン」で恋に落ちる女性編集者メリー役に抜擢しています。

もう、私生活と映画の主人公が混じり合って面白すぎます。私生活の痛手を映画というツールを使ってセラピーしている感じ(笑)

その後、ウッディアレンは、ミア・ファローと付き合うようになるのですが、今度はミア・ファローの連れ子で養子だった、韓国人女性スン・イー(21)との交際が発覚し、ミアは大激怒。

当時は「年の差35歳の恋」として大きく取り上げられましたし、さらにはスン・イーを含めた娘たちに対する幼児虐待の訴訟まで起こされています。しかもこの問題はいまだにその火種は消えず、未だくすぶっている状況・・・

ただ、この時の35歳下の韓国人女性スン・イーは、ウッディアレンの現在の奥さんで、お二人は仲良くやっているようです。

簡単に要約して書きましたが、ウッディアレンの映画は、彼の私生活とないまぜになって、一種独特の味がある映画が多いです。

そんなところも、彼の映画作品で取り上げられる男女の人間模様の大きな魅力のひとつかも知れません。

イヴァナチャバック・ワークショップ雑感

映画「マンハッタン」は、2018年のイヴァナチャバック・ワークショップでもプレイヤーが演じるシナリオに選ばれています。

男と女の物語は、いつだってドラマチックな展開に転がるワクワク感と共に、脆くも崩れてしまう危うさをも併せ持っている。

そんなことを改めて考えさせられるいい機会になりました。

イヴァナチャバック・ワークショップ2020

年の差カップルの行方を追った映画「マンハッタン」とウッディアレン自身の恋愛遍歴を通して思うのは、ありきたりですが、

恋愛には、年も、年の差も関係ない、ということ。

イヴァナメソッド的に言えば、ウッディアレンにとって恋愛することは、自分自身を取り戻す「大きな目的」を勝ち取るために必要不可欠な行為なのだろうと想像します。

思うように、わがままに、自己中心的だっていいから、「自分が心から本気で望むゴール」を取りにいきましょう。

そういう明確な目的を決められたら、年の差が何歳までアリなのかを考えることも、ほとんど無意味であることに気づくことになるのかも知れません。 好きならそれで付き合えばいいし、結婚したいなら結婚すればいいだけ。シンプルです。

世の中の価値観や他人の目を気にすることなく、あなたらしい選択をして生きていく。これが人として一番の幸せを感じられることだと思います。

こういう思考を育てるのも、またイヴァナチャバックのワークショプの良さでもあるのかなと思いますので、ぜひ、機会があれば参加してほしいと思います。

イヴァナチャバック・ワークショップ2020