とにかく、映画作品に関しては多作で知られるウッディアレンですが、あなたは今までに、どのウッディアレン映画を見たことがあるでしょう?

※注↑の写真は、ウッディアレンではありませんのでお間違いないよう^^

イヴァナワークショップでもウッディアレン映画がプレイヤーの演目としても採用されましたが、それが「ウッディアレンのバナナ」という映画です。

下にウッディアレンの関係したこれまでの映画のフィルモグラフィーをあげてみましたが、ものすごい数の映画に関わっています。何作くらい見たことがあるのか、数えてみるのもいいかも知れませんね。

スポンサーリンク

ウッディアレン 出演・監督・脚本の映画フィルモグラフィー

公開邦題オリジナルタイトル
1965何かいいことないか子猫チャンWhat’s New, Pussycat?
1966どうしたんだい、タイガー・リリー?What’s Up, Tiger Lily?
1967007/カジノ・ロワイヤルCasino Royale
1969水は危険・ハイジャック珍道中 Don’t Drink the Water
1969泥棒野郎 Take the Money and Run
1971 ウッディアレンのバナナBananas
1972 ボギー!俺も男だPlay It Again, Sam
ウッディアレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう
Everything You Always Wanted to Know About Sex But Were Afraid to Ask
1973 スリーパーSleeper
1975 ウッディアレンの愛と死Love and Death
1976 ウッディアレンのザ・フロント The Front
1977 アニー・ホールAnnie Hall
1978 インテリアInteriors
1979 マンハッタンManhattan
1980 スターダスト・メモリーStardust Memories
1982 サマー・ナイトA Midsummer Night’s Sex Comedy
1983 カメレオンマンZelig
1984 ブロードウェイのダニー・ローズBroadway Danny Rose
1985 カイロの紫のバラThe Purple Rose of Cairo
1986 ハンナとその姉妹 Hannah and Her Sisters
1987 ラジオ・デイズRadio Days
セプテンバー September
ゴダールのリア王 King Lear
1989 私の中のもうひとりの私Another Woman
エディプス・コンプレックス Oedipus Wrecks
ウッディアレンの重罪と軽罪 Crimes and Misdemeanors
1990 アリス Alice
1991 結婚記念日 Scenes from a Mall
1992 ウッディアレンの影と霧 Shadows and Fog
夫たち、妻たち Husbands and Wives
1993 マンハッタン殺人ミステリー Manhattan Murder Mystery
1994 トラブルボックス/恋とスパイと大作戦 Don’t Drink The Water
1995 ブロードウェイと銃弾 Bullets Over Broadway
1996 誘惑のアフロディーテ Mighty Aphrodite
1997 世界中がアイ・ラヴ・ユー Everyone Says I Love You
地球は女で回ってる Deconstructing Harry
1998 インポスターズ The Impostors’
セレブリティ Celebrity
アンツ(アニメ作品)Antz
ワイルド・マン・ブルース(ドキュメンタリー) Wild Man Blues
1999 ギター弾きの恋 Sweet and Lowdown
2000 CIAの男 Company Man
おいしい生活 Small Time Crooks
ヴァージン・ハンド Picking Up the Pieces
2001 スコルピオンの恋まじない The Curse of the Jade Scorpion
2002 さよなら、さよならハリウッド Hollywood Ending
2003 僕のニューヨークライフ Anything Else
2004 メリンダとメリンダ Melinda and Melinda
2005 マッチポイント Match Point
2006 タロットカード殺人事件 Scoop
2007 ウッディアレンの夢と犯罪 Cassandra’s Dream
2008 それでも恋するバルセロナ Vicky Cristina Barcelona
2009 人生万歳! Whatever Works
2010 恋のロンドン狂騒曲 You Will Meet a Tall Dark Stranger
2011 ミッドナイト・イン・パリ Midnight in Paris
映画と恋とウッディアレン Woody Allen: A Documentary
2012 ローマでアモーレ To Rome with Love
2013 ブルージャスミン Blue Jasmine
ジゴロ・イン・ニューヨーク Fading Gigolo
2014 マジック・イン・ムーンライト Magic in the Moonlight
2015 教授のおかしな妄想殺人 Irrational Man
2016 カフェ・ソサエティ Café Society
ウッディアレンの6つの危ない物語 Crisis in Six Scenes
2017 女と男の観覧車 Wonder Wheel
A Rainy Day in New York
2020(公開予定・・・)Rainy Day in New York

映画「ウッディアレンのバナナ」

本作「ウッディアレンのバナナ」は、ウッディアレンが監督・脚本・主演を務めたコメディ映画で、1971年公開(82分)の監督第3作目の映画作品です。

※第1回監督作品は「どうしたんだい、タイガー・リリー?」(1966)、第2回監督作品は「泥棒野郎」(1969)です

若い頃の監督作品なので、初期の勢いやウッディアレン独特の風刺がすごく感じられる映画作品ですが、意外と見たことがない人も多いのではないでしょうか?

ウッディ・アレン(Woody Allen, 1935年12月1日生まれ)

アメリカ合衆国の映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者
アカデミー賞に史上最多24回のノミネート。監督賞を1度、脚本賞を3度受賞しています

ウッディアレンのトレンドマークは、飄々とした演技とあのメガネですね。

メガネはウッディアレンの愛用品ですが、タートオプティカルの「ブライアン(BRYAN)」というモデルだそうです。今現在は生産中止で手に入らないそうですが、創業者ジュリアス・タートの甥であるリチャード・タートが創設したブランドでは、ウディ・アレンと同じ「ブライアン」復刻モデルが手に入るようです。

映画「ウッディアレンのバナナ」について

あらすじ

ある会社の製品検査員として毎日、生気もなく働いていた男・フィールディングが、家に突然訪ねてきた女性・ナンシーに一方的に一目惚れ。が、あえなく彼女に突然の別れを切り出されてしまうことに。

好きな女性の気を引くことだけが目的で渡った南アメリカの架空の国「サンマルコ共和国」、そこで革命軍に身を投じたことがきっかけとなり、ついにはフィールディングは、独裁国家の大統領にまで祭りあげられてしまうという破茶滅茶コメディー。

ウッディアレン節炸裂しています。

トリビアとしては、無名時代のシルベスタ・スタローンが、地下鉄で騒動を起こすチンピラ役の一人としてウッディアレンと共演していることですかね。とにかく、ウッディアレン独特の視点と風刺が効いた笑いが、本作品の一番の特徴。

さて、では映画タイトルの「バナナ」の意味とは?

見れば、実在する「ある国」を揶揄しているのだとすぐにわかるはずです。是非、一度手にとって見てみてください。

公式予告トレーラー

映画「ウッディアレンのバナナ」スタッフ

監督ウッディ・アレン
脚本ウッディ・アレン
ミッキー・ローズ
音楽マーヴィン・ハムリッシュ
製作総指揮チャールズ・H・ジョフィ
製作ジャック・グロスバーグ
アクセル・アンダーソン
アントニオ・エンカルナシオン

映画「ウッディアレンのバナナ」キャスト

出演キャスト役名
ウディ・アレンフィールディング
ルイーズ・ラサーナンシー
カルロス・モンタルバンバルガス将軍
ナティビダード・アバスカルトランダ
ハコボ・モラレスエスポジート
ミゲル・アンヘル・スアレスルイス
デヴィッド・オーティスサンチェス
ルネ・エンリケスディアズ
ジャック・アクセルロッドアロヨ
シャーロット・レエ
ハワード・コセル
ダン・フレイザー
アレン・ガーフィールド
シルべスタ・スタローン

イヴァナチャバック・ワークショップ雑感

イヴァナワークショプでは、第1回、第3回のワークショップで、これまでにプレイヤーが2回にわたってこの映画「ウッディアレンのバナナ」のスクリプトを演じてくれています。

名前は言えませんが、皆さんのよく知っているあの方も、この作品で演技を披露しました。また、どちらの回の俳優さんもイヴァナの指導のもと果敢にチャレンジし、とても見応えのあるシーンになったのが印象的でした。

これからのイヴァナワークショプでもまた再び演目として採用される可能性があると思いますので、プレイヤー参加を考えている人はもちろん、見学者希望の方も、まだ見たことがないという方は、是非一度見てみてくださいね。

映画「ウッディアレンのバナナ」

映画「マッチポイント」(ウッディアレンおすすめ作品)

映画「マンハッタン」(ウッディアレンおすすめ作品)